Rubyが学習できるプログラミングスクール9選!

プログラミング言語

「Rubyって何…?」
「Rubyを学習したいけど、どのスクールで学習できるの…?」

本記事ではこのようなお悩みを持っている方にRubyの概要とRubyが学習できるプログラミングスクール9つをご紹介しています。

[PR]私が受講しているプログラミングスクール

RaiseTechではAWSやJava、副業、デザイン、マーケティングに特化した学習ができるスクールです。カリキュラムはもちろんサポートも手厚いことも特徴の1つです。
毎週金曜日20時より無料説明会を行っています!

RaiseTech公式サイト

Rubyの特徴

Rubyの長所

1.汎用性がとても高い

後でも紹介しますが、Rubyを学習するとプログラミングでできることのほとんどをカバーすることができます。(他言語の学習が必要となる場合もある)
それほどRubyの汎用性は高いため人気言語の1つでもあります。
ですのでプログラミングを始めたい方が最初に取り掛かる言語に選ばれることも多いです。

2.文法が易しい

Rubyputs “Hello, world!”
JavaScriptconsole.log(“Hello, world!”);
JavaSystem.out.println(“Hello, world!”);
PHP<?php echo “Hello, world!”; ?>
Pythonprint(‘Hello, world!’)

簡単な例ですが「Hello, world!」と出力したいときの基礎文法になります。
比較してみるとRubyが簡潔な文法であることがわかりますね。

3.学習しやすい

他言語を学習された方でエラー時の資料が英語資料ばかり…と悩んだ経験のある方はいませんか?
Rubyは日本人のまつもとゆきひろ氏によって開発された言語であるため日本語の資料が多く存在します。
そのため初学者でも安心して学習に取り組むことができます。

Rubyの短所

1.求人数は多くはない

画像出典:レバテックキャリア

正社員かフリーランスかで若干の誤差は見られますがRubyはそれほど求人や案件が多くないのが事実です。
将来的にフリーランスを目指す方はRubyを学習するのかもう一度検討してみることをオススメします。

2.実行速度が遅い

Rubyはインタプリタ言語であるため実行速度が遅くなってしまいます。

ざっくりとした簡易的な図にはなりますが、下に当てはまるのがRubyということになります。

Rubyで作成できるもの

1.WebサービスやWebアプリケーション

画像出典:食べログ

RubyはWebに強い言語でありRubyのフレームワークであるRuby on Railsを使って構築されているWebサービスが多く存在します。
文法も簡易的で超高速で開発できるため人気となっています。

2.SNSサービス

画像出典:Wantedly

かつてはTwitterでも用いられ作られていました。
SNSに必須のログイン機能やユーザー機能を簡単に作ることができるためRuby on Railsを用いて多くのSNSが開発されています。

3.ECサイト

画像出典:価格.com

SNSと同じくログイン機能やユーザー機能に加えて決済機能もRubyで開発することができるためECサイトでもRubyを用いて多く開発されています。

4.社内業務システム

Rubyはバックエンド言語なので社内のシステムにも用いられています。
おもにスタートアップやベンチャー企業でRubyが、大企業ではJavaが使われる傾向にあるようです。
Rubyで転職を考えている方は転職先の使用言語を調べてみることをオススメします。

Ruby学習に役立つスキル

1.Ruby on Rails

Ruby=Ruby on Railsと考えている方いませんか?
私も調べ始めた当初は同じだと考えていました…

一言でまとめるとRuby=プログラミング言語、Ruby on Rails=フレームワークです。
フレームワークについて分かりやすい例があったのでご紹介しますね。

例えば、カレーを作ることを考えてみます。すると、フレームワークというのはカレーのルーのようなものです。

カレーのルーがない状況からカレーを作るとなると、自分でスパイスや香辛料などを使って自作のルーを作ることになります。これだとカレーを作るのにかなりの時間がかかります。

その問題を解決するためにルー(フレームワーク)があるといったような理解でまずは問題ありません。

引用元:Udemy メディア 「Ruby on Railsとは?初心者でもRubyとの違いや特徴がわかる!」

Ruby on Railsに関してはRubyを学習するとなったらついてくるカリキュラムであることがほとんどであるので焦って事前に学習する必要はないです!

2.Command Line

Command Lineを学習することでファイルの作成や確認、ダウンロードを行うことができるようになります。
学習基礎知識として持っておくとスムーズに学習に取り掛かることができます。

3.Git

Gitとは現場での開発でよく使用されるツールで開発追跡やコード変更ができます。
またエンジニアがソースコードを保存しているGitHubというプラットホームも存在します。
こちらはRubyの学習だけでなくエンジニアを目指すすべての人が現場で利用する可能性が高いため知識として持っておくととても便利です。

Command LineとGitはProgate無料で学習することができます!

4.エディタの使用方法

コードを書いていくツールになります。
エディタが使えなければ何もできないのでまずはインストールをして少し触れてみると学習も進みやすくなります。
エディタもたくさん種類があるので自分のスタイルに合うものを選ぶことをオススメします。

Rubyが学習できるスクール

ここからはRubyが学習できるスクールの基本情報とメリットデメリットについて紹介していきます。

TechAcademy

料金
コース
(税込)
*学割料金
Webアプリケーションコース1ヶ月2ヶ月3ヶ月4ヶ月
¥174,900
*¥163,900
¥229,900
*¥196,900
¥284,900
*¥229,900
¥339,900
*¥339,900
Webアプリケーション
フロントエンド
2セットコース
3ヶ月4ヶ月6ヶ月
¥360,800
*¥316,800
¥404,800
*¥338,800
¥503,800
*¥393,800
 
Webアプリケーション
フロントエンド
Webデザイン
3セットコース
6ヶ月
¥503,800
*¥393,800
受け放題6ヶ月
¥547,800
*¥459,800
学べるスキルHTML / CSS / JavaScript / jQuery / Photoshop /  Ruby / Ruby on Rails / Git / Boostrap / SQL / Vue.js / デザイン / など
学習サポートメンタリング週2回各25分 / チャット質問サポート
卒業後サポート教材閲覧
受講形態完全オンライン
メリット
・低料金で学習できる
・デザインやフロントエンドをまとめて学ぶことができる
デメリット
・チャット質問の返信時間が午後(15:00~23:00)
・カリキュラム外の質問は対応外の場合がある

TechAcademy公式サイト 

CodeCamp

料金
コース
(税込・入学金込)
Rubyマスター2ヶ月4ヶ月6ヶ月
¥195,800¥305,800¥360,800
プレミアム2ヶ月4ヶ月6ヶ月
¥305,800¥415,800¥470,800
プレミアムプラス2ヶ月4ヶ月6ヶ月
¥480,800¥580,800¥800,800
学習期間2か月・4ヵ月・6ヵ月
学べる言語HTML / CSS / JavaScript / Boostrap / Swift / PHP / MySQL / Ruby / Ruby on Rails / Java / Photoshop / Illustrator など
学習サポート月数×10 回分の40分レッスン(マンツーマン・予約制)
卒業後サポートレッスン受講(追加購入)
受講形態完全オンライン

メリット
・マンツーマンレッスン
・プレミアムとプレミアムプラスではフロントエンドからバックエンド、デザインまで選んで学習できる

デメリット
・入学金が別途かかる
・卒業後に質問したい場合は追加料金がかかる

CodeCamp公式サイト 

侍エンジニア塾

料金
コース
(税込・入学金込)
*学割料金
デビューコース1ヶ月3ヶ月6ヶ月
¥140,800
*¥136,400
¥272,250
*¥261,278
¥366,300
*¥350,625
エキスパートコース3ヶ月6ヶ月12ヶ月
¥525,800
*¥504,900
¥839,300
*¥766,150
¥1,152,800
*¥1,048,300
AIコース3ヶ月6ヶ月12ヶ月
¥682,550
*¥625,075
¥1,048,300
*¥954,250
¥1,675,300
*¥1,518,550
転職コース1ヶ月2ヶ月 
¥129,800¥281,600
Webデザインコース1ヶ月3ヶ月
¥140,800
*¥136,400
¥283,800
*¥272,250
 
フリーランスコース3ヶ月6ヶ月12ヶ月
¥712,800
*¥652,300
¥1,097,800
*¥998,800
¥1,757,800
*¥1,592,800
学習期間最短1ヵ月~12ヵ月
学べる言語HTML / CSS / JavaScript /Python / WordPress / Ruby / React.js / PHP / Node.js / Java / C++ / C# / Swift / など
完全オーダーメイドなので学びたい言語をすべて学習できる
学習サポート・週1回60分メンタリング
・質問サイトへの投稿
卒業後サポート生涯学習サポート / 教材閲覧 / 質問サイト閲覧使用
受講形態完全オンライン

メリット
・完全オーダーメイドカリキュラム
・マンツーマンレッスン

デメリット
・メンターの質に差がある
・課題が比較的多い

侍エンジニア塾公式サイト

tech boost

コース
基本料金
(税込)
*教室利用
+22,000円/月
スタンダードコース入学金¥126,500
月額¥32,780
ブーストコース入学金¥219,780
月額¥32,780
オプション料金
*コース一律
メンタリング回数
 4回/月
 6回/月
 8回/月
月額¥34,760
月額¥52,140
月額¥69,520
学習期間3・6・12ヵ月(1ヵ月単位での延長可能)
学べるスキルHTML / CSS / PHP / Laravel / Ruby / Ruby on Rails / Git / など 
学習サポート週に1回1時間専属メンターとメンタリング / チャット質問 / ビデオチャット機能(1回30分程度対応時間制限あり)
卒業後サポート教材閲覧
受講形態オンラインか通学を選択可

新型コロナウイルス対応はこちら

メリット
・学習延長制度がある
・学習スタイルを選べる

デメリット
・料金構造が複雑

tech boost公式サイト 

DMM WEBCAMP

料金
コース
学習期間
(税込)
COMMIT
短期集中コース
(3ヵ月)
¥690,800
COMMIT
専門技術コース
(4ヵ月)
¥910,800 (¥393,800)
*キャッシュバック利用時
PRO転職志望コース
(3・4ヵ月)
¥686,400
¥746,900
学べるスキルHTML / CSS / JavaScript / jQuery / Ruby / Ruby on Rails / Git / など
学習サポートメンターサポート13時~22時(時間回数制限なし)
チャット質問24時間対応
卒業後サポート教材閲覧 / 卒業生限定コミュニティ参加
受講形態オンラインか通学を選択可

新型コロナウイルス対応は公式サイトをご覧ください。

メリット
・中途採用に特化
・キャッシュバック制度で料金を抑えられる

デメリット
・通常料金設定が高い
・新卒紹介はない

DMM WEBCAMP COMMIT公式サイト 

DMM WEBCAMP PRO公式サイト 

TECH CAMP

料金
コース
学習期間
(税込)
プログラミング教養入学金¥217,800
月額¥21,780(初月無料)
エンジニア転職
短期集中スタイル
(10週間)
¥712,800
エンジニア転職
夜間休日スタイル
(6ヵ月)
¥932,800
学べるスキルHTML / CSS / Sass / JavaScript / Ruby / Ruby on Rails / Python / Git / SQL / AWS / デザイン / など
学習サポートライフコーチサポート週1回
チャット質問ビデオチャットサポート無制限
(対応時間11時~22時)
卒業後サポートなし
受講形態オンラインと教室併用

新型コロナウイルス対応は公式サイトをご覧ください。

メリット
・転職に強い
・短期間で学習→転職が可能

デメリット
・料金設定が高い
・卒業サポートはない

TECH CAMPプログラミング教養公式サイト 

TECH CAMPエンジニア転職公式サイト 

ポテパンキャンプ

料金
コース
学習期間
(税込)
*学割料金
Webアプリケーションコース
(2ヵ月)
¥220,000
*¥176,000
Railsキャリアコース
(5ヵ月)
¥440,000
*¥352,000
学べるスキルHTML / CSS / JavaScript / Ruby / Ruby on Rails / Rspec / Git / SQL / コマンドライン / API / など
学習サポート専用サイト質問サポート(対応時間10時~23時)
初月メンタリングサポート週1回
卒業後サポートキャリアサポート
受講形態オンライン

メリット
・自社開発転職に強い
・カリキュラムのレベルが高い

デメリット
・Mac必須
・初めの学習は経験の浅いエンジニアが課題レビューを行う

ポテパンキャンプ公式サイト

RUNTEQ

料金
コース
学習期間
(税込)
Webマスターコース
(5~9ヵ月)
¥437,800
Railsマスターコース
(4~8か月)
¥382,800
Railsエンジニアコース
(3~6ヵ月)
¥327,800
学べるスキルHTML / CSS / JavaScript / jQuery / Ruby / Ruby on Rails / Rspec / Vue.js / API / など
学習サポートオンライン面談月2回
卒業後サポート教材閲覧
受講形態オンライン

メリット
・レベル別のコースが用意されている
・料金設定が安い

デメリット
・Mac必須
・カリキュラムが難しい

RUNTEQ公式サイト

DIVE INTO CODE

料金
コース
学習期間
(税込)
Webエンジニアコース
就職達成・フルタイム
(4ヵ月)
¥711,700 (¥217,580)
*補助金利用時
Webエンジニアコース
就職達成・パートタイム
(10か月)
¥711,700
(補助金対象外)
Webエンジニアコース
ベーシック・パートタイム
(6ヵ月)
¥470,580
学べるスキルHTML / CSS / JavaScript  / Ajax / Ruby / Ruby on Rails / Rspec / Git / SQL / AWS / など
学習サポート質問掲示板サポート
卒業後サポート半年間のキャリアサポート
交流会・勉強会への参加
受講形態オンラインと教室併用

新型コロナウイルス対応は公式サイトをご覧ください。

メリット
・補助金利用で低料金で受講できる
・働きながら学習可能

デメリット
・通常料金設定が高い
・コースによって学習漬けになる

DIVE INTO CODE公式サイト

番外編

Progate

Rubyに興味があるけどいきなりお金を出すのは不安…
という方にProgateをオススメします!

Progateでは無料でRubyの基礎を学習することができ、有料版でも月額1078円で学習し放題のプログラミング学習サービスです。

またプログラミングスクールに申し込みをして開講待ちの間に事前学習としてProgateに取り組むと学習効率があがります!(筆者体験談)

Progate公式サイト

Udemy

Udemyは何らかのスキルを教えたい人が講座を開講し学びたい人が動画を購入して学習するというオンライン学習プラットホームになります。

プログラミングスキルに限らずビジネススキルや資格など幅広い講座が開講されています。
料金は動画によって異なりますが2,000円台から購入できる教材もあるのでちょっと触れてみたい!プログラミングスクールの副教材として学習したい!という方におすすめです。

Udemy公式サイト

YouTube

YouTubeにはRubyだけに限らず様々なプログラミング言語の解説動画があげられています。

実際の画面を見ながら学習していきたい方にはオススメです!
またエラーで詰まったときにも参考にすると解決できたりします。(筆者体験談)

YouTubeで学習してみる

賢いスクールの選び方

Rubyが学習できるプログラミングスクールは分かったけど、何を基準に選べばよいのだろう…?

こんな悩みを持っていませんか?
以下記事ではプログラミングスクールの賢い選び方について

「安さ×4つのポイント」

でご紹介しています!参考にしてみてくださいね。

まとめ

いかがだったでしょうか?
今回の記事ではRubyを学びたいと考えている方に向けてプログラミングスクールや学習コンテンツをご紹介しました。

私のプログラミング学習記録もゆっくり更新していますので興味のある方はご覧ください!

<記事を書くにあたり調査したスクール>
TechAcademy
CodeCamp
侍エンジニア塾
tech boost
CodeVillage
DMM WEBCAMP
TECH CAMP
RaiseTech
ZeroPlus
ポテパンキャンプ
RUNTEQ
DIVE INTO CODE

コメント

タイトルとURLをコピーしました