WordPressが学習できるプログラミングスクールスクール4選!

プログラミング言語
この記事は約10分で読めます。

WordPressを使ってブログを立ち上げたい!副業がしたい!

このように考えている方向けにWordPressを学習できるプログラミングスクールやコンテンツ(無料あり)についてこの記事では紹介していきます。

WordPressの特徴

WordPressの長所・できること

1.情報量がとても多い

WordPressのシェア率はとても高いのでネットや書籍など様々な媒体で情報を得ることができます。
筆者もまだまだ分からないことだらけですがいつも親切なブロガーさんに助けてもらっています😅

2.プラグインで簡単に機能拡張ができる

WordPressの機能としてプラグインというものがあるのですがとにかく便利で簡単です。
お問い合せフォームやサイトマップなどをプラグインするだけで簡単に作成することができます。
プログラミングの知識が浅くても運営できるのは助かりますね!

3.テーマのカスタマイズ(一定以上のスキル必須)

WordPressにはテーマというものがありダウンロードし有効化するだけでそれっぽいサイトに変身させることができます。
見つけてきたテーマの中で少し色を変えたい、動きをつけたいという際には自分でカスタマイズをすることができます。
しかしこのカスタマイズはHTML/CSS、JavaScript、PHPなど専門的な知識が必要となります。

WordPressの短所・できないこと

1.アプリやゲーム開発

WordPressはWebサイト制作を前提としているツールであるためスマートフォン型のアプリを作ったりスマホゲームを作ることには適していません。

これらを作りたい方は必要なスキルを身に着け1から自分で作った方が自由に速くできますよ。

2.無料でサイトを公開すること

WordPress自体は無料で使うことができますがWordPressで作った記事やサイトを世の中に公開したいとなると別途ドメインやサーバー契約(共に有料)が必要となります。

3.デザインやSEO対策は自分で学ばなければならない

集客のためのデザインであったり検索で多く閲覧してもらうためのSEO対策については自分自身で学習していかなくてはいけません。
こちらはWebデザインやマーケティングを用意しているスクールで学ぶこともできますがネットでも多くの情報が転がっているので参考にしてみてくださいね。

WordPressで作成できるもの

1.ブログサイト

皆さんが今読んでいるこのブログサイトもWordPressを使って作成しているものです。
世界中のブログの35%以上がWordPressを利用して作られているともいわれていることからシェア率がとても高いことがわかります。

2.企業サイト

コーポレートサイトともいわれるものですね。
企業の紹介やお問い合せ、情報発信などが盛り込まれているサイトをWordPressで作ることができます。

3.ECサイト

Amazonや楽天を想像していただくとわかりやすいでしょうか?
商品の管理や売買、決済システムが必要なサイトになります。ECサイトは奥が深く砕いていくと長くなってしまうのでここでは割愛しますね…

4.会員制サイト

ファンクラブサイトや求人サイトなどのログイン機能を持たせているサイトになります。
会員登録や特定のユーザーへの情報発信などをWordPressの機能を用いて作ることが可能です。

WordPressで役立つスキル5つ

全くプログラミングに関するスキルや知識がなくてもWordPressでブログサイトを立ち上げ運営していくことも可能ですが身に着けておくと有利なスキルについてご紹介します。

1.HTML/CSS

WordPressのビジュアルエディタを使用するとボタン1つで文字の大きさ・色の変換やリンク・画像の挿入ができるため知らなくても記事を投稿することはできますが細かくテキストエディタで設定したいというときに知識として持っておくと便利です。

2.JavaScript

テーマのカスタマイズや作成で必要となるスキルです。
JavaScriptは汎用性があるのでWebサイト制作から視野を広げていく際に役立つスキルの1つになりますよ。

3.PHP

WordPressがPHPで構築されているためPHPを学ぶことでカスタマイズの幅を大きく広げることができます。
またプラグインもPHPで構築されているためプラグインのカスタマイズや作成をしたい方には必須のスキルといえます。

4.デザインスキル

より注目してもらうためのデザインやユーザーにとって見やすいデザインについて学ぶことで収益アップにもつながっていきます。

5.サーバーに関する知識

WordPressでブログを立ち上げる際にサーバーと紐づけをしたりSSL化をしたりといったことやPHPを使ってカスタマイズという際に目に見えないサーバーの知識があるとスムーズに行うことができます。
筆者もブログ立ち上げの際に紐づけやSSL化をやりましたが何でこれをダウンロードするのか、何でこの項目にチェックを入れるのかなんて何もわからず言われた通りに行いました。

以上の5つが何もわからなくてもできてしまうのがWordPressなのですがテーマやプラグインのカスタマイズや作成をしていきたいという時には必須のスキルとなってきます。

WordPressが学習できるスクール4選

TechAcademy

料金
コース
(税込)
*学割料金
WordPressコース1ヶ月2ヶ月3ヶ月4ヶ月
¥174,900
*¥163,900
¥229,900
*¥196,900
¥284,900
*¥229,900
¥339,900
*¥339,900
WordPress
Webマーケティング
2セットコース
3ヶ月4ヶ月6ヶ月
¥360,800
*¥316,800
¥404,800
*¥338,800
¥503,800
*¥393,800
 
WordPress
Webデザイン
2セットコース
3ヶ月4ヶ月6ヶ月 
¥360,800
*¥316,800
¥404,800
*¥338,800
¥503,800
*¥393,800
 
受け放題6ヶ月
¥547,800
*¥459,800
学べるスキルHTML / CSS / JavaScript / PHP / Photoshop /  WordPress / Git / マーケティング / デザイン / など
学習サポートメンタリング週2回各25分 / チャット質問サポート
卒業後サポート教材閲覧
受講形態完全オンライン

TechAcademyではWordPressと関連するビジネススキルをまとめて学習できるコースが用意されています。

メリット
・WordPressとビジネススキルをまとめて学習できる
・1ヵ月~6ヵ月と受講期間を幅広く選択できる
デメリット
・チャット質問の返信時間が短い(15:00~23:00)
・カリキュラム外の質問は対応外の場合がある

TechAcademy公式サイト 

CodeCamp

料金
コース
*期間限定
WordPressコース*2ヶ月
¥195,800
学習期間2ヶ月
学べるスキルWordPress
学習サポート20分の各40分レッスン
(マンツーマン・予約制)
卒業後サポートレッスン受講(追加購入)
受講形態完全オンライン

CodeCampのWordPressコースは期間限定(終了日不明)・短期学習型となっています。

メリット
・WordPress特化で集中して学べる
・マンツーマンレッスン
デメリット
・WordPressに付随する知識は学べない
・料金設定が高め
https://univ-programmer.com/school-codecamp/

CodeCamp公式サイト 

侍エンジニア塾

料金
コース
(税込・入学金込)
*学割料金
デビューコース1ヶ月3ヶ月6ヶ月
¥140,800
*¥136,400
¥272,250
*¥261,278
¥366,300
*¥350,625
エキスパートコース3ヶ月6ヶ月12ヶ月
¥525,800
*¥504,900
¥839,300
*¥766,150
¥1,152,800
*¥1,048,300
AIコース3ヶ月6ヶ月12ヶ月
¥682,550
*¥625,075
¥1,048,300
*¥954,250
¥1,675,300
*¥1,518,550
転職コース1ヶ月2ヶ月 
¥129,800¥281,600
Webデザインコース1ヶ月3ヶ月
¥140,800
*¥136,400
¥283,800
*¥272,250
 
フリーランスコース3ヶ月6ヶ月12ヶ月
¥712,800
*¥652,300
¥1,097,800
*¥998,800
¥1,757,800
*¥1,592,800
学習期間最短1ヵ月~12ヵ月
学べる言語HTML / CSS / JavaScript /Python / WordPress / Ruby / React.js / PHP / Node.js / Java / C++ / C# / Swift / など
完全オーダーメイドなので学びたい言語をすべて学習できる
学習サポート・週1回60分メンタリング
・質問サイトへの投稿
卒業後サポート生涯学習サポート / 教材閲覧 / 質問サイト閲覧使用
受講形態完全オンライン

侍エンジニア塾はマンツーマン&オーダーメイドカリキュラムで学習ができるスクールです。

メリット
・オーダーメイドカリキュラムで学びたいスキルを最短で習得できる
・案件獲得サポートが受けられる
デメリット
・メンターの質に差がある
・課題が比較的多い

侍エンジニア塾 公式サイト 

RaiseTech

料金
コース

(税込)
*学割料金

WordPress副業コース¥298,000

*¥198,000

学習期間4ヵ月
学べるスキルHTML / CSS / JavaScript / jQuery / WordPress / PHP など
学習サポートチャット質問無制限 / マンツーマンビデオチャット / カリキュラム外質問サポート
卒業後サポートエンジニア質問サポート / slack利用 / 就職サポート / 学習延長サポート / 教材閲覧
受講形態オンライン授業

RaiseTechのWordPress副業コースは副業に特化したコースです。
またサポートに手厚いことも特徴の1つです。

メリット
・安い ✕ サポート充実でコスパが良い
・デザインやマーケティングを学ぶコースが別途用意されている
デメリット
・授業形式のため強制力や拘束力が発生する
・自走力がないと置いて行かれる

RaiseTech公式サイト 

番外編

ここではプログラミングスクール型ではありませんがWordPressを学習できるコンテンツについてご紹介します。

Udemy

Udemyは何らかのスキルを教えたい人が講座を開講し学びたい人が動画を購入して学習するというオンライン学習プラットホームになります。

プログラミングスキルに限らずビジネススキルや資格など幅広い講座が開講されています。
料金は動画によって異なりますが2,000円台から購入できる教材もあるのでちょっと触れてみたい!プログラミングスクールの副教材として学習したい!という方におすすめです。

Udemy公式サイト

YouTube

例えば「WordPress テーマ作成」とかで調べてみてください。
詳しく手順を説明してくれている動画がいっぱい出てくるんです!

私は今YouTube動画をもとにテーマ開発にも取り組んでいますが無料のクオリティではないですね…分かり易すぎる!!

HTML/CSSやJavaScript、PHPなんかについても学習することができます。
いきなりお金を出すのは不安な方はまずはYouTube動画で学習するのも1つの手段ですよ。

YouTubeで見る

賢いスクールの選び方

WordPressが学習できるプログラミングスクールは分かったけど、何を基準に選べばよいのだろう…?

こんな悩みを持っていませんか?
以下記事ではプログラミングスクールの賢い選び方について

「安さ×4つのポイント」

でご紹介しています!参考にしてみてくださいね。

まとめ

いかがだったでしょうか?
今回の記事ではWordPressを学びたいと考えている方に向けてプログラミングスクールや学習コンテンツをご紹介しました。

私のおすすめとしてはプログラミングスクールでWordPressを学びながらYouTubeやUdemyで追加で詳しく学習するのが手っ取り早く効率的かなと思います。

私のプログラミング学習記録もゆっくり更新していますので興味のある方はご覧ください!

【PR】筆者が利用している副業サービスはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました